Logo

千葉県立千葉大宮高等学校

通信制高校生として(生徒心得)

生徒諸君の年齢、職業、生活環境は多種多様であるが、学校の内外を問わず、常に高校生としての自覚を持って、快適な学習生活を送れるよう心がけること。特に登校時は、他の生徒に迷惑をかけたり、学校の秩序を乱したりすることのないよう、つぎに定める生徒心得を守らなければならない。

1「生徒証」は常に携行する。登校時には指定された「受講許可証」を着用する。

2通学にはできるだけ公共の交通機関を利用する。事情があり、自動車通学を必要とする場合は、所定の申請書を提出し、「許可証」の交付を受ける。許可のない自動車の乗り入れは禁止とする。バイクによる通学、および校内への乗り入れは禁止

3喫煙については、学校敷地内全面禁止。成人が校外で喫煙する場合は、マナーを守る。

4服装については、学びの場にふさわしい服装を心がける。ただし、他校の制服は禁止とする。

5校舎内は土足禁止。上履きは指定されたとおり正しく着用する。来賓用のスリッパは使用しない。

※上履きの記名:右図のように生徒番号と氏名を大きくはっきりと書くこと。

6生徒昇降口から出入し、職員玄関は使用しない。

7部外者を学校に招き入れない。付き添い等が必要な場合は、必ず許可を得る。

8空き時間は、図書室かホームスペースで自習する。廊下を歩き回るなど、授業の妨げとなる行為はしない。

9レポート・試験については、注意事項をよく理解し、不正行為は絶対にしない。

10時間割は各自で確認し、遅刻しない。

11許可なく学校の施設・設備、備品等を使用しない。

12教室や設備は、汚したり破損したりすることがないように大切に扱う。破損した場合は、速やかに担任に届け出る。

13校内で許可なく、文書の配布やビラ貼り、校外の活動への勧誘などを行わない。

14生徒から金銭等を徴収する場合には、事前に学校に届け出て許可を得る。

15事件や事故、勧誘などの被害にあった場合は、速やかに担任に連絡する。

16昼食はできる限り弁当等を持参し、校外に買いに出ることは避ける。

17ゴミは、指定されたゴミ箱に分別して始末する。

18健康管理は、各自の家庭で十分な気配りをする。持病があったり、通院していたり、病院からの薬を服用している場合は、担任か養護教諭(保健室の先生)に申し出る。

19学校の内外を問わず、常に礼儀正しい行動をとる。

20成人、未成年にかかわらず高校生として相応しい行動をとる。

特別指導について

次に挙げる禁止行為が発覚した場合、問題行動として特別指導を行う。保護者・保証人の同席を求める場合や、授業・試験が受けられなくなる場合もある。

禁止行為

1学校敷地内の喫煙・飲酒(成人も含む)

2未成年者の喫煙・飲酒

3暴言・暴力、いじめ

4レポートや試験における不正行為

5犯罪行為やぐ犯行為(将来犯罪に発展する恐れのある行為)、法規に触れる行為

6その他、学校の秩序を乱す行為特別指導問題行動の内容によって、「注意」「訓戒」等の特別指導を行う。

自動車通学に関する規程

通学で自動車を利用する生徒は、下記の注意事項をよく理解し、所定の「自動車乗り入れ許可願」に必要事項を記入・押印のうえ、係職員に提出し「許可証」の交付を受けること。違法改造した車両、整備不良の車両は許可しない。

1安全運転を心がける(道交法遵守)

①学校周辺の道路は狭いところやカーブが多いうえ、小学校の通学路にもなっている。スピードは出しすぎないこと。正門では必ず「一時停止」すること。

②近隣から苦情のないように校外においてもマナーを守ること。

③登下校の際に事故を起こした場合は、各自で責任を持って処理するとともに、学校に連絡すること。

2「許可証」は、職員が確認できるよう(ダッシュボード)に置く3校内の決められた場所に駐車する

①アイドリングは、県条例で禁止されている。駐車中はエンジンを停止すること。

②校内は徐行し、歩行者や自転車の通行の妨げにならないこと。

③授業の妨げにならないようにオーディオ等の音は控えること。

④車内のゴミや吸殻を車外に捨てないこと。車の中であっても敷地内は禁煙。

⑤駐車場内の事故や盗難は各自で責任を持って処理すること。以上の注意事項を必ず守ること。守られない場合は許可を取り消す。その後も違反が続くようであれば、特別指導の対象とする。

校則データ取得年月日:2022/02/25