Logo

東京都立芦花高等学校

芦花高校生活指導部

校内生活の心得について

校内生活の心得は、学校生活を送る上での必要最低限のルールです。学校生活を明るく楽しいものにするためにも、以下の心得の趣旨を理解し、これを自主的に実践できるように努めること。

【生徒心得】

(1)身だしなみ

服装は所定の制服を着用し、清潔・質素・端正に心掛けること。(服装規定参照)

化粧、装飾品(ピアスなど)はしないこと。

頭髪について、染色はしないこと。

④下履き、体育館履きは、必ず区別し、所定の場所で履きかえること。

(2)服装規定

服装については次の本校規定の制服を着用すること。

冬期(10月1日~5月31日)は下記の冬服を着用すること。

〈男子〉ブレザー、白Yシャツ、ズボン、ネクタイ

〈女子〉ブレザー、白Yシャツ、スカート又はスラックス、リボン(えんじ色)

(スラックス着用時は、ネクタイを着用すること)

夏期(6月1日~9月30日)は下記の夏服を着用すること。

〈男子〉白Yシャツ、夏用ズボン

〈女子〉白Yシャツ、夏用スカート又は夏用スラックス

ネクタイ、リボンについては、着用しなくてもよい。

*学校が指定した日(式典等、年間行事予定表に「指」と記されている日、その他)以外は次の服装を認めます。

①女子はブルー(オプション)のリボンの着用。

淡色・無地のカラーシャツの着用。

学校指定のポロシャツの着用。(夏期のみ)

④年間を通して、黒・紺・グレイ・茶系または白の無地のベスト、セーター、カーディガンの着用。(パーカー、トレーナーなどは不可)

*冬期、夏期の移行期間を前後1ヶ月設定します。

この期間は夏服・冬服両方の着用を認めます。

《移行期間》

5月15日~6月15日

9月15日~10月15日

(3)学校生活一般

①クラスに日直をおく。日直はクラスの清掃・防火および環境の整備等にあたり、毎日、日誌を記入して担任に提出すること。

②教室および備品の使用ならびに返納する場合は担任または、その関係の先生に使用願を提出し、その指示をうけること。

③学校の施設・物品及び樹木等を破損した場合は破損届を生活指導部の先生に提出し、その指示をうけること。場合によっては、現品または金銭で弁償しなければならないこともある。

④拾得物、遺失物は生活指導部の先生に届け出ること。

⑤学校内で、ビラ等を配布または掲示するときは、事前に生活指導部の先生に提出し、その指示をうけること。

⑥自転車通学は許可制とし(自転車通学規定参照)、オートバイ(原付を含む)、自動車による通学は認めない

⑦アルバイトは健康、安全上の問題や学業等に支障をきたすことが多いので、学校としては望ましくないものと考えている。やむを得ず、アルバイトの必要が生じた場合には、事前に担任と相談し、生活指導部に届け出ること。

(4)自転車通学規定

①自転車通学を希望する者は、必ず保険に加入し「自転車通学届」を生活指導部に提出し、許可を受けること。

②使用する自転車には、学校指定の登録番号入りのステッカーを貼って利用すること。

③自転車を替えた場合には、ステッカーの再交付を受けなければならない。

④使用する自転車には、鍵を取り付け、必ず所定の場所に置くこと。

⑤学校の近隣や駅前に自転車を放置しないこと。

⑥交通道徳・交通法規を遵守し、交通事故を起こさないように注意すること。事故に遭った場合はすぐに学校に連絡し、その後、生活指導部にも届出ること。

⑦通学経路を交通機関から自転車に変更した場合は経営企画室への届出が必要である。

(5)放課後・休日の活動について

①放課後は以下の時間までに下校すること。

下校時刻 16時55分

※春季休業期間中、夏季休業期間中、冬季休業期間中についても16時55分とする。

②休日には登校しない。ただし、生徒会活動や部活動等の特別活動のために登校する場合は、前日までに担任・顧問または関係教諭を経て届を生活指導部の先生に提出し、その承認を受けること。

(6)下校延長(居残り届)について

①原則として公式試合1週間前あるいは顧問が必要と認めた場合に限り、生活指導部に届を出し、顧問が付き添うこと。

②活動時間は原則として、18時45分までとし、19時までに下校する。

③居残り届は活動予定日の前週の金曜日までに所定の手続きをする。

④16時55分以降の出入り口は、センター棟1階玄関1ヶ所とする。

(7)自習時間について

空き時間等による自習時間は、自習室または図書館等の自学自習スペースで静かに自習すること。室内外でのレクリエーション、楽器の演奏、体育施設等を利用しての運動を禁止する。

校則データ取得年月日:2023/01/31