Logo

東京都立園芸高等学校(定時制)

生徒心得

生徒は、本校の教育目標および指導方針を理解し、以下に示す規則を守り、園芸高校生として、心身共に健康で充実した高校生活が送れるよう努力すること。

1.生活全般

(1)高校生としての自覚を持ち、勤労と勉強の両立につとめる。

(2)教科の学習はもとより、HR、部活動、委員会活動、学校行事等すべての教育活動に積極的に参加し、自己の伸長につとめる。

(3)明朗な挨拶、はっきりした応対ができるよう心掛ける。

(4)時間を守り、けじめのある生活を送る。

(5)学校を、学習の場にふさわしい環境に保つ。

(6)飲酒、喫煙、薬物乱用、暴力行為、賭博行為、不正行為、性に関する問題行動などは厳禁とする。万が一、これらの行為があった場合は特別指導の対象となる。

(7)授業中は、携帯電話の電源を切る。また、給食室や図書室など他に迷惑のかかる場所では利用しない。

(8)貴重品は自己で管理すること。特別な場合は担任に預ける。

(9)本校は機械警備を導入しているため、下校後、忘れ物をした場合は無断で学校に取りに来ないで学校に電話連絡すること。当日中に学校に連絡がつかない場合は、翌日の朝8時までに学校に連絡をし、保管してもらうようにすること。

2.服装

(1)学習の場や学校行事等、時と場合に応じ適切な服装が保たれるようにする。

(2)実習を行う場合は、実習に支障のない服と靴を使用する。

(3)上履きは下足と区別すること。体育館履きは学校指定のものを使用すること。下足で校内に入ることは絶対にしない。

3.登校・下校

(1)登校、下校時は所定の方法によるものとし、特に安全には注意する。万一の場合の避難方法、家庭との連絡方法なども考えておく。

(2)下校については夜間という点からよく注意し、事故や被害を受けぬよう、また、近隣の迷惑にならぬよう速やかに帰宅する。

(3)帰宅時間は常に家庭と連絡しておく。

(4)昇降口は指定の場所を使用する。

(5)下駄箱は指定の場所を使用し、下駄箱の上には何も置かない。

(6)通学に自転車を利用する場合は、担任および生徒指導部に申請する。その後、自転車の整備確認を行い、自転車通学を認められた者は、シールを所定の場所に貼る。また、自転車は所定の場所に駐輪する。

(7)原付や自動二輪、自動車などでの登下校は認めない。他の交通手段で通学する。

(8)通学の際には、本校の身分証明書を常に携帯する。

(9)始業時間、終業時間及び最終下校時間を次の通りにする。

(始業時間16:25[第0時限を履修する場合])

登校時間(原則)17:00

始業時間17:15

終業時間21:05

最終下校時間21:45

部活動・委員会活動のほか、やむを得ず最終下校時以後、校内に留まる場合は、担任(担当教員)の許可を受けること。その場合の下校時刻は20:00とする。

4.欠席・遅刻・早退

(1)登校時から下校時までは、無断で校外に外出しないこと。

(2)欠席、遅刻をする場合には、速やかに電話で学級担任に連絡すること。

(3)早退は、学級担任または教科担当の許可を受ける。

(4)忌引は次の日数を限度とする。

父母 7日

祖父母、兄弟姉妹 3日

叔(伯)父母、従兄弟姉妹 1日

5.施設の利用

校内の諸施設は公共の財産である。末永く使用できるよう丁寧に利用すること。

(1)校内諸施設の利用に当たっては、教員の許可を得てからとすること。

(2)個人に貸与されているロッカーは各自責任を持って管理すること。

(3)施設、設備等に対して故意に損傷を与えた場合は、弁済するとともに責任のすべてを負う。

(4)トイレは生徒用トイレを使用すること。

(5)教室・廊下の清掃は、各ホームルームで責任をもって行う。

6.特別指導

問題行動を起こした場合は特別指導を行う。問題行動とは次の通り。

(1)他の生徒に危害や精神的不安を与える場合。

(2)著しく授業を妨害する場合。

(3)暴言、窃盗、喫煙、バイク通学、飲酒、暴力

(4)器物損壊、いじめ、喫煙具の所持、考査時の不正行為。

(5)喫煙の見張り及び同席。

(6)その他の問題行動についても、生徒の特性と状況から判断する。

特別指導とは次の通り。

(1)登校謹慎

(2)管理職説諭、生徒指導部説諭、担任説諭。

8.掲示・印刷物の発行

校内外における掲示、貼り紙、印刷物の発行・配布などは、担任あるいは顧問と相談の上、事前に生活指導部に届け、許可を受けること。

11.給食に関する注意

(1)給食時には、衛生面に留意し、食事前は必ず手を洗う。

(2)食堂には調味料や飲み物を持ち込まない。

(3)カバン、上着等は、テーブルの上に置かない。また、給食室では帽子をとる。

(4)給食は全員が給食室で取り、給食室以外の場所に持ち出さない。

(5)料理は定められた順序に従って受け取り、食事が済んだら、定められた場所に食器を戻す。その間、列の途中に割り込んだり、食器を破損したりしないよう気をつける(食器はていねいに扱う)。

(6)全員が給食を受けるものとする。ただし、健康上等やむを得ない事情により欠食する場合は、「給食不受給届」を提出する。

(7)毎月決められた期日までに生徒自身で予約を行う。食券は人にあげたり売ったりしてはいけない。

(8)清掃の分担により、常に給食室の清潔を保つことに努める。

校則データ取得年月日:2023/01/31