Logo

東京都立工芸高等学校

生徒心得

総則

1.本校創立の精神と現在の教育目標とをよく理解し、進んで心身の健全な自己完成に努めること。

2.先生を敬愛し、積極的に指導助言を仰ぎ自主精神を旺盛にして校風を清新に保つこと。

3.友情を厚くし、学業の研さん技能の練磨をつみながら楽しい学校生活を送ること。

4.学校のあらゆる設備環境を生徒自治の成果で最良の状態に保つこと。

5.本校生徒の生活信条を誠実、元気、信愛、規律とする。

細則

1.登校・下校・外出

(1)登校の際にはいつも、生徒証・生徒手帳を携帯する。学校行事等の際は、バッジをつける。

(2)登校は午前8時30分、完全下校は午後5時00分までとする。(外出は禁止する)

(3)自転車、オートバイ、自動車による通学(校外における行事等も含む)を禁止する。

(4)校外での事故は、直ちに学校に連絡すること。

2.服装・身だしなみ

(1)登校・下校の時および校内での服装は、標準服または授業を受けるのにふさわしいものを着用すること。尚、標準服は図を参照のこと。

(2)本校指定のバッジ以外の装身具の着用、化粧はしないこと。頭髪は常に清潔に保ち、着脱色などはしないこと。

(3)上履き、実習服、体育着、体育館履きは所定のものを用いること。

3.所持品・金銭

(1)所持品には科・学年・氏名を記入しておく。紛失、拾得したときは係の先生に届ける。

4.休業中の心得

(1)登山、キャンプ、旅行等を行う場合は、保護者とよく相談して安全な計画を立てて実施すること。

(2)休日または休業中に登校する場合は、担当教員等の許可を受けて登校し、指導のもと活動すること。

※夏:白いシャツ(上着)襟又は胸に科別バッジ