Logo

東京都立葛西南高等学校(全日制)

日課表

生徒心得

1 一般事項

本校教育目標にそって、自主的精神を培い、創造的生活を営み、連帯意識をもった人格を形成するようつとめる。

客観的な判断に基づき、思慮深い行動をし、礼儀を守り、敬愛の精神を培うようつとめる。

2 学校生活に関する心得

教科学習は学校生活の中心である。生徒は教科担任の指導に従い、教室の秩序を守り、学習効果をあげるよう心がける。

生徒は正当な理由なく、授業を欠席、または遅刻・早退をしてはならない。やむを得ず欠席・遅刻・早退をする場合には必ず届け出て、担任の許可を得る。

教科外活動(学校行事・ホームルーム・部活動・生徒会の活動)は教科学習とならんで学校教育の大切な領域である。自主的精神をもって、これらの履修につとめる。

放課後までは許可なく校外に出ない。

最終下校時刻は16:55なので、それ以後は居残りしない。

校舎・校具は大切に扱い、破損したり、よごしたりしないように心がけ、毎日定められた場所の清掃をおこなって、環境の整備美化につとめる。

故意または重大な過失により器物を破損したときは弁償する。

校舎内・校庭・体育館ではそれぞれ履物を区別する。

3 服装・態度に関する心得

校内・登下校時は指定の服装をしなくてはならない。それ以外の時でも高校生らしく、質素・清潔なもので華美にならない服装であるように心がける。

日常の言語・動作に気をつけ、礼儀正しくする。

友人間の交際は明るく、健全であるよう心がける。

学校を訪問した人に対しても失礼のない応対をする。

4 諸届けに関する事項

①欠席届

あらかじめわかっている欠席は事前に届け出る。それ以外のときは前日または当日朝、保護者から電話で届け出る。

②忌引届

父母7日、祖父母・兄弟姉妹3日、伯叔父母1日以内、その他の親族1日以内として、届け出る。

③遅刻・早退届

あらかじめわかっているものは事前に届け出る。

④旅行届

事前に届け出る

⑤異装許可願

事前に担任に申し出て所定の手続をとる。

⑥住所・保護者等の変更

担任を経て、経営企画室に届け出る。

⑦退学・転学・休学・復学願

事前に担任に申し出て所定の手続をとる。

ホームルーム担任・部顧問等の許可を要する届

①外出許可証

やむを得ない場合のみ発行される。

②早退許可証

担任の許可を得て、早退する。

③公欠許可証

公的な理由のため授業を欠課するとき、担任・部顧問により発行され、ホームルーム担任・教科担任に事前に提出する。

5 その他

⾧期(春・夏・冬)休業中の諸注意は別に提示する。

遺失物または拾得物のあった場合は、すみやかに生活指導部の係の先生に届け出る。

盗難にあったときはすみやかに先生に届け出る。

バイク・自動車等での通学を禁止する。

自転車通学は届け出て、許可証をつけ所定の場所に駐輪する。

外部からの生徒の呼出しは、緊急の必要性がない限り応じない。

服装のきまり

1 校服

男女とも指定の校服を着用する。

シャツ 衿つきの白シャツとする。

ネクタイ 指定のものを着用する。(女子はリボンも可

2 夏服

6月1日から9月30日までは上着を着用しなくてよい。(衣替えの移行期間については気象状況により別途指示する)

3 その他

靴下

ソックス・ストッキングは華美にならないものとする。

履物

革靴もしくは運動靴とする。

防寒具

防寒着は校風にふさわしいものとする。

装身具

身につけないこと。

頭髪

染色等をせず、自然な状態に保つこと。

生活マニュアル2022

「自分を大切にする心、他人を思いやる心」を育むために

1 頭髪について

髪の毛はいじらない!やってしまったら全力で直す!

染色

茶髪・金髪・メッシュなどに染めないこと

脱色

ブリーチ等で色を抜かないこと

エクステンション

エクステンションは付けないこと

剃り込み

剃り込み等を入れないこと

⑤髪の痛む行為・変色

パーマ、縮毛矯正等は禁止。ドライヤー、ヘアアイロン等を使いすぎないこと。

⑥その他

学校がふさわしくないと判断した頭髪はNGとする

進路活動に不向きな髪型

例:奇抜な髪形過度な刈上げ・モヒカン刈り等

どうして守らなければならないの?

1 進路活動時や社会に出てから正しい身だしなみを身に付けるため。

2 外見(頭髪)が原因で事件や事故の被害に遭うケースが報告されている。こうした被害から皆さんを守るため。

3 外見にこだわるより、内面を重視する事で、落ち着いた雰囲気で学習や部活動に集中できるようにするため。

4 金銭面での負担を必要以上に増やさないため。

5 髪が傷み、皮膚や身体に影響を与えることを防ぐため。

2 制服は学校の「顔」、心の「鏡」シャキッと着よう!

■冬服

【男子】

ブレザー

ズボン

Yシャツ

ネクタイ

(セーター・カーディガン)

【女子】

ブレザー

スカート(ズボン)

ブラウス

ネクタイ・リボン(必ず着用)

(セーター・カーディガン)

★正装が必要な場面は以下の服装が望ましい

女子

靴下は黒、紺のハイソックス、または黒タイツ

スカート丈はひざ頭にかかる

男子

靴下は黒、紺、グレー、白のレギュラーソックス

始業・終業のあいさつの時はブレザーを着用する

■夏服

【男子】

ズボン

Yシャツ

ポロシャツ(白の無地)

【女子】

スカート(ズボン)

ブラウス

ポロシャツ(白の無地)

どうして守らなければならないの?

1 本校が指定している制服であるため。

2 常識的な制服の着こなしを身につけるため。

3 外見(服装)が原因で事件や事故の被害に遭うケースが報告されている。こうした被害から皆さんを守るため。

4 外見にこだわるより、内面を重視する事で、落ち着いた雰囲気で学習や部活動に集中できるようにするため。

5 葛西南高校全体の進路を実現させるため。

6 葛西南高校の生徒としての自覚を持つため。

■違反の服装について

このような服は違反です。

パーカー、ジャージ、スウェット、指定以外のリボン、帽子(授業中)

※繰り返し指導を受ける者については預かる等の措置をとります。

禁止事項

スカートの丈の加工

例)切る、折るなど

スカート丈を加工した場合は、原則再購入となる

スカートの下のスウェットやジャージの着用

スカート丈は正装時は膝頭にかかる長さとする

授業中のマフラー、コートの着用

このような着こなしは指導します

装飾品、サンダル登校、色つきYシャツやYシャツなしの姿、指定以外の色のカーディガン

マフラー・コート(授業中)、ハイネックのインナー、ネクタイ・リボンなし、ブレザーなし(冬の登校時)

※これらは一例です

購入上の注意

セーター、カーディガンは無地で、色は紺・黒・ベージュ・グレー・茶・白

例)紫や緑など不可

②コートは華美でない色・デザインを選ぶこと。

(ブレザーの上から着用すること)

パーカーやスウェット(トレーナー)は指導対象です。

■身だしなみに関して

①冬服・夏服・移行期間における制服については、以下の点に注意して、必ず本校指定のものを着用すること。

②移行期間については、気候等を鑑みて生活指導部より指示をする。

ア、冬服

ブレザー ネクタイ・リボン シャツのボタン(留める位置) カーディガン・セーター・ベスト その他
通学時 必ず着用 必ず着用 第2ボタンまで 任意 防寒着を着用する際にはブレザーの上
授業時 任意 必ず着用 第2ボタンまで 任意 防寒着を着て授業を受けることは不可
正装時 必ず着用 必ず着用 第1ボタンまで 着用不可

イ、夏服

ブレザー ネクタイ・リボン シャツのボタン(留める位置) カーディガン・セーター・ベスト その他
通学時 任意 任意 第2ボタンまで ベストのみ可任意 ポロシャツ可
授業時 任意 任意 第2ボタンまで ベストのみ可任意 ポロシャツ可
正装時 任意 任意 第2ボタンまで 着用不可 ポロシャツ可

ウ、移行期間

上記の冬服または夏服のどちらかに準ずる。

◎「正装時」には、儀式行事・校外学習・集会等が該当する。

場合によっては、ベスト等の着用を許可する。

○シャツ

襟付きの無地の白シャツとする。

夏季は、白の無地のポロシャツも着用可。

白シャツの下に着るTシャツ等については、白の無地とし、カラーシャツは禁止とする。

○ネクタイ

男子はネクタイ、女子はネクタイまたはリボンを着用し、ネクタイはきちんと上まで締めること。

○カーディガン・セーター・ベストについて

色は、紺・白・グレー・黒・ベージュ・茶の6色とし、無地であること。

○靴

通学時は、革靴または運動靴とする。

サンダル・クロックス等は不可

体育館では体育館履き、それ以外の校内では上履きを使用すること。

○防寒着

コート類は、無地で制服にふさわしいものとする。

○その他

パーカー・スウェット・トレーナーは禁止とする。

スカート丈は、膝頭とする。

ズボン裾は、折らずに伸ばすこと。

4、携帯電話(スマホ)について

携帯電話(スマートフォン)は授業およびHRでの使用を禁止する。

SNS上のトラブル(不適切な投稿)については指導対象となる。

■授業中、ケータイを使用(鳴った、出した、操作した)

授業中、ケータイを出す(鳴った、出した、使用した場合)※使っていなくても

教員が発見→預かる→学年・生活指導部指導~指導後 返却~

■SNS等での問題に関して

SNSに不適切な投稿(画像・動画)→教員周知(発見)→特別指導対象

どうして守らなければならないの?

1 授業中に携帯を使用する事により、意識が携帯電話に奪われ、学習に対しての集中力がうすれ、学力、学習意欲が低下することを防ぐため。

2 携帯電話、ネット等のIT社会の中で生きていくために、使って良い場合と悪い場合との使い分けが出来る人間になるため。

3 使い方を間違えると大きな問題(事件)に巻き込まれてしまうため

5、特別指導となる事項

7 暴力行為いかなる場合も暴力行為は許されない。暴言も指導対象となる。

2 窃盗万引き行為 又は、万引き幇助(手伝い・同行)。その他、他人の財物を盗む行為。

3 いじめ行為本人が嫌がる行為。直接・間接的に関わらず本人が身体的・精神的に傷つく行為。携帯電話のブログ等での誹謗(ひぼう)中傷(悪口を言う)。

4 喫煙行為喫煙は認めない。

又、喫煙具(ライター等含む)所持、※喫煙同席も指導対象となる。

※喫煙同席とは、喫煙者の友人であるないに関わらず、喫煙の事実を知りながら、喫煙現場に居る行為をさす。

5 飲酒飲酒をした者。飲酒同席も指導対象となる。

6 不正行為考査中のカンニング行為(カンニングぺ-パ-、携帯電話、電子機器等の使用)。カンニングと疑われる行為も指導対象となる。

7 器物破損・汚損器物破損・汚損をした場合は、弁償の上、指導の対象とする。落書き等の汚損も同様とする。

8 バイク・自動車本人の運転又は、同乗者も指導対象となる。

(事情のある生徒は、事前に保護者より学校に連絡登校をすること)登下校に関わらず制服でバイク・自動車を運転する場合も指導対象となる。

9 指導無視教員に対する威嚇行為、暴言、授業妨害等。その他指導に著しく従わない行為。(遅刻・頭髪指導無視も含む)

※迷惑(危険)行為校内での火気使用、騒音、悪質な落書き等、および教職員や他の生徒、近隣に著しい迷惑や危害を加える行為。

※その他法律に薬物使用、ギャンブル行為(競馬、パチンコ等)、トランプ・カ-ド等による賭け事、カ-ド類の偽造及び不触れる行為正使用、カンパと称する悪質な集金行為、無銭飲食、学校の名誉失墜行為等。

6、生徒心得

1.学校生活に関する心得

☆生徒は原則として、8時25分までに登校し、16時55分までに下校すること。

☆言葉遣いや態度に気をつけること。暴言・暴力は厳しく指導する。

☆学校を訪問される人に対しても、挨拶を忘れず、失礼のない対応をすること。

1)授業について

①授業開始のチャイムと同時に、授業を開始します。休み時間中にトイレや授業の準備を済ませておくこと。(トイレは原則として授業中に行くことは認めない。)

②授業中の私語は禁止。授業内容に集中して取り組むこと。

授業中の飲食(アメ・ガム等を含む)は禁止。また、授業中に飲食物を机の上に置いたままにしないこと。

④授業中に教室外に出る場合は、担当教科の先生にきちんと理由を説明し許可をもらうこと。(早退・保健室等)

始業・終業時のあいさつの時はブレザーを着用する。(冬服時)

*授業遅刻について

①授業開始から15分以内ならば遅刻扱いとする。

②遅刻3回で1回の授業欠時とする。

2)欠席・遅刻・早退について

欠席 ・午前8:10~8:30までに保護者による電話連絡をすること。

遅刻 ・学年・生活指導部・校長先生より、段階的に遅刻指導がある。早退 ・担任(学年団)の許可を得て帰宅し、帰宅時に学校へ電話連絡を入れること。

電話番号:03-3687-44913)

3)盗難防止について

○盗難防止のため、貴重品(高額なお金・ブランド品・保険証・カード類・ゲーム機器・音楽プレーヤー等)は極力学校に持ってこないこと。

○やむを得ず持ってきた場合は、教室に放置せず自己管理を徹底すること。

○自分のロッカー・下駄箱には必ず鍵をつけること。

*他学年のフロアーには立ち入らないこと。

*盗難未然防止のため、巡回を行い、授業遅刻者・トイレ等での中抜け者をチェックし、指導します。

4)器物破損・汚損について

○全校生徒が学校備品を大切に扱うよう心がけること。特に3階フロアーは定時制との共用教室なので、気をつけること。

5)中抜け等の禁止について

○事故防止のため、登校したら許可無く校外に出ない。

○外部からの呼び出しは、緊急の必要性がない限り応じない。

(校内への部外者侵入を防ぐ観点から、学校外の者を校舎内に入れないこと)

6)エレベーターの使用について

生徒のエレベーターの使用は禁止。(必要な場合は、許可を取ること。)

7)バイク・自動車について

バイク・自動車等の通学(同乗を含む)は禁止。下校後や休日でも制服を着ての乗車は禁止。上記の違反は、特別指導の対象となる。

8)自転車通学について

○自転車通学は許可書を提出し、登録シールをサドルの下に貼ること。

○自転車による事故も多い為、自転車賠償保険に加入すること。

○自転車は指定された駐輪場に置くこと。

○違反駐輪に関しては、生活指導部がチェーンをかけて対応する。

○交通法規を遵守すること。

傘差し運転・ながら運転・一時停止無視・夜間の無灯火運転・イヤフォンを使用しての運転・二人乗り運転・斜め横断等は法令で禁止。

※近年、自転車による事故が増えています。交通ルールを守り安全に留意して下さい。

2.服装・態度に関する心得

校内及び登下校時は本校指定の制服を着用すること。

①シャツ:襟付きのシャツ(夏季は白のポロシャツも可)

➁ネクタイ:本校指定のものとする。(女子は本校指定リボンも可

<注>ブレザー着用時は、白ワイシャツにネクタイ(女子は本校指定リボンも可)を着用する。

* 着用する場合は、ネクタイをきちんと上まで締めること。

➂冬服から夏服・夏服から冬服への移行期間は、生活指導部より指示をする。

カーディガン、セーター・ベストは無地のものとする。 

色は、紺・黒・ベージュ・グレー・茶・白とする。

 ○カーディガン・セーター・ベスト以外は禁止。

④靴下:ソックス・ストッキングは華美にならないものとする。

ルーズソックスは禁止とする。

⑤靴:登下校は、革靴または運動靴とする。(サンダル・クロックスは不可) 

○来賓用スリッパは使用しないこと。

○体育館では体育館履きを使用すること。

⑥コート等:コート類は華美ではなく校服にふさわしいものとする。

⑦アクセサリー(ピアス(透明も含む)・ネックレス・指輪等):身につけないこと。

違反者には預かる等の指導をします。

⑧頭髪 :染色等や奇抜な髪型をせず、自然な状態に保つこと。

エクステンションや剃り込みは禁止です。)

⑨眉毛 :全剃り・剃り込みは禁止とする。

⑩化粧・マニキュア:禁止とする。

⑪カラーコンタクト(度入りも含む)・つけまつ毛:眼病予防の為、禁止とする。

校則データ取得年月日:2023/01/31