Logo

東京都立片倉高等学校

東京都立片倉高等学校

○学校生活の基本的なきまり○

豊かで充実した高校生活を創造し、互いに気持ちよく学校生活を送るため、次の事項は、学校生活の基本的なきまりとして定めたものである。これらのきまりをよく守り、本校生徒としての自覚と誇りを持ち、高校生活を送る努力をしよう。

1.登校・下校

(1)登校時刻…午前8時25分

(2)下校時刻…午後5時00分

15分前には諸活動をやめ、下校時刻には完全に下校すること。ただし、顧問や担任がついている場合に限り、下校時刻の延長を認める。

(3)正当な理由なく欠席・遅刻・早退・欠課などをしないこと。

(4)登下校の際、オートバイ・自動車を使用しないこと。同乗や制服での乗車も禁止とする。

(5)通学用のはきものは華美でない靴に限る。

(6)自転車通学者の心得

・自転車損害賠償保険等に加入した上、自転車登録届を生徒部へ提出すること。

・交通ルールにもある、自転車乗車中のスマホや携帯電話操作、ヘッドホンやイヤホンを使用して音楽を聴くこと、雨天時の傘をさしての乗車などは、極めて危険な行為で禁止とする。また、交通マナーも守りながら安全運転と事故を未然に防ぐ努力を怠らないこと。

2.学習態度

(1)学習には、意欲的かつ積極的な態度で取りくみ、また工夫をこらすこと。

(2)学習計画をたて、予習・復習を毎日行うこと。

(3)授業の開始のチャイムとともに教科書・ノート・筆記用具など授業の準備を整え、静かに先生を待つこと。

(4)教室移動(体育館・校庭を含む)の際には、準備・後始末などを手早く行い、すみやかに移動し、上記(3)にならうこと。

(5)授業中は静粛を旨とし、他の迷惑になるような行為は慎むこと。

(6)自習時間などにみだりに教室外に出たり、他の教室に入らないこと。

(7)H・R活動、クラブ活動、生徒会活動などにも積極的に参加すること。

3.みだしなみ(服装)

(1)制服を着用し、本校の生徒であることに自覚と誇りをもとう。

(2)制服は端正、清潔を旨とする。

(3)やむを得ず異装する場合は、異装願を担任まで提出し、許可を得ること。

(4)髪は清潔にし、見苦しくないようにすること(特異な長髪、変形、染色・脱色は禁止する)。

(5)制服に手を加え変形しないこと。

(6)化粧やアクセサリーを身につけて登校しないこと。

(7)登下校の際はすべて制服を着用すること。(土曜日、日曜日、祝日、長期休業を含む)

◆制服についての規定◆

本校では下記の通り生徒の服装が決まっています。規制を厳守し、清潔な品位ある服装で通学して下さい。

○冬服(10月1日~5月31日)

上着…紺、ブレザー型(本校指定のもの)

スカート又はズボン…グレー(本校指定のもの)

ワイシャツ…白色無地でリボン・ネクタイのできるもの

リボンまたはネクタイ…本校指定のもの。(えんじと緑)

防寒着

ベスト・セーター・カーディガン…紺・黒・白・灰色・ベージュ・茶・無地でV型

スカートの下にジャージ・スウェット等を履くことは不可

コート…気候に応じてブレザーの上から着用してもよい。(華美でないもの。奇抜でないもの。)

○夏服(6月1日~9月30日)

スカート又はズボン…グレー(本校指定のもの)

ワイシャツ…白色無地(ポロシャツ…白色無地も可)

気候に応じベスト・セーター・カーディガンを着用してもよい。(紺・黒・白・灰色・ベージュ・茶無地V型)

気候に応じて移行期間を設ける。年間を通してパーカー、スウェットの着用は不可

4.校内の美化

(1)「この美しさを保とう」というのが本校の美化の目標である。全員が校舎内外の清潔整頓に留意し、学校の諸施設を大切に扱うこと。

(2)使用した教室その他の施設は、各自の責任において後始末をすること。

(3)掃除当番は、全員が協力して毎日励行すること。

(4)下ばき・上ばき・体育館ばきの区別を守ること。

(5)学校の施設や用具を破損した際は、担任または顧問にすみやかに連絡すること。

5.校内生活

(1)校内における集会・印刷物の配布・金品の募集・署名などについては、生徒部の許可をうけること(私的な資金集め等は厳禁する)。

(2)掲示については、生徒会および生徒部の承認を得て行うこと。他の掲示は無断ではがさないこと。

(3)部活動は次の要領で行う。

イ 部活動は、定められた時間と場所を守って行うこと。

ロ 対外試合の参加等は、部顧問に届け、学校長の許可を受ける。登校後は無断で校外に出てはならない。やむを得ず外出する場合は、学級担任の許可を受け、承認の印を受けること。

(4)登校後は無断で校外に出てはならない。やむを得ず外出する場合は、学級担任の許可を受け、承認の印を受けること。

6.校外生活

(1)風紀上好ましくない場所への出入をしないこと。

(2)アルバイトをする場合はには、学業や生活に悪影響がないよう職種・場所・時間などについて充分検討し、保護者の承認を得た上で、担任と相談して行うこと。

校則データ取得年月日:2023/01/31