Logo

東京都立清瀬高等学校

生徒心得

2.登校・下校

(1)始業予鈴(8時25分)までに登校し着席すること。また、7時30分以前には登校しないこと。

(2)部活動等で居残届を提出していない場合は、17時00分までに下校すること。居残り下校時刻は、通年で18時30分とする。

(3)登下校に際して自転車を利用するものは、HR担任を経て生活指導部に届け出ること。校内では自転車は所定の場所に駐輪すること。バイク(原付・オートバイなど)による登下校は禁止する。

(4)車による送迎は原則として禁止(やむを得ない理由があるときは届出をする)

(5)休日の部活動については、顧問の承諾と指導の下で休日登校を認める。その場合は、事前に休日活動願を生活指導部に提出すること。

(6)夏休み等の長期休業中の登下校については、別に定める。

3.所持品

・つねに生徒手帳を携行すること。

・学校には不必要な金品を持参しないこと。

・所持品には必ず記名すること。

・体育・実験・実習等で教室をあける時は、貴重品袋を利用するなどして、特に貴重品の取扱いについて注意すること。

4.服装・頭髪

服装・頭髪は、清楚端正を心がけ、清高生としての品位を保つようにする

(1)校服

ア 登・下校時を含めた教育活動の際は、本校所定の校服を着用する。(左襟に校章をつける。)

イ 校服の内容

校服として定められた上下スーツ

白無地のYシャツ

男子

指定されたネクタイ

女子

スカートは本校指定の16本車ひだのもの

指定されたリボン

指定されたネクタイ、スラックスは購入自由

ウ 正装について

・始業式や終業式を含め、式の際は正装とする。

・男子は校服と同様。

・女子は校服で以下のものを着用すること。

・指定されたリボンとネクタイおよびスラックスとスカートのいずれかの組合わせとする。

エ 夏季略装について

5月から10月までの間、次の略装を認める。

・上衣を着用しなくてもよい。

半袖の白無地のYシャツを着用してよい

・左胸に校章をつける。

・Yシャツの上には、市販のニットベストの着用を認める。

ニットベストの色については、別に定めたとおり)。

・登・下校時を含め、男子のネクタイおよび、女子のリボン・ネクタイは着脱自由とする。

・ポロシャツ着用については、試行期間である。教室の掲示に沿って、着用すること。

オ セーター、カーディガン、ニットベストについて

・学校指定ではなく、市販のものを着用してよい。ただし、セーターはVネックのみとする。

色については、黒・紺・白・グレー・茶・ベージュ(濃淡は問わない)の柄物でない無地のもの(ライン不可)のみ着用可能

(2)頭髪

ア 染髪は禁止

イ 品位を欠く頭髪は指導する。

(3)履物等

ア 通学には靴を用いる。上履きはサンダル(学年別の色)を用いる。

イ 防寒着・ソックス、ストッキングは華美なものにならないよう留意する。

(4)体育授業時の服装

次のものは学校で指定したものを用いる。

トレーニングシャツ・トレーニングパンツ・半袖シャツ・短パンツ・体育館専用運動靴

やむを得ない事情で異装をする場合は、HR担任の許可を受けた後、生活指導部に連絡する。

5.時間外活動

下校時刻以後、部活動・その他で居残りを希望するものは、所定の用紙を用いて生活指導部に願い出る。時間外活動は、教職員の指導する場合以外は認めない。

8.清掃

・つねに校内の清潔・整頓に心がける。

・HRごとに清掃当番をきめ、分担区域(別に定める)を清掃すること。

・清掃後責任者は分担区域の担当教員に連絡し、その承認を得た後下校する。

・清掃用具は所定の場所に整理・保管する。

9.遺失物・拾得物・盗難

金品を紛失したり拾得した場合は、直ちに生活指導部の担当教員に届け出る。盗難にあった場合は直ちにHR担任・生活指導部(もしくは日直教員)に届け出る。

10.掲示・放送

校内にポスターその他の掲示をするときは、顧問・担当教員に願い出た後、生活指導部の許可を得ること。

掲示場所・掲示方法は生活指導部が指示する。

校内で印刷物の配布を行う場合は、顧問・担当教員に願い出た後、生活指導部の許可を得ること。

必要があって、生徒が放送を行うときは、原稿を作成し、顧問・担当教員の確認を得てから行う。

昼休みの放送は原則として放送委員会に依頼する。

12.校外生活

校外においても、常に本校生徒としての自覚と誇りをもって行動すること。

14.その他

外来者(他校生など)を校内に入れる場合は、受付を通し、関係教職員の了解のもとにする。

教職員の指導のない場合は、校内において火気を使用してはならない。

非常災害の場合は、教職員の指示に従って冷静敏速に行動する。