Logo

東京都立東久留米総合高等学校

生徒心得

◎挨拶は生活の基本である。校内外を問わず、常に気持ちのよい挨拶をする。

◎身だしなみを整え、学習と部活動を両立させ、前向きで健全な学校生活をおくる。

○生活時間

1.ノーチャイム制のため、各自で自覚を持って行動し、常に時間厳守を心がけること。

2.登校時刻は7:30以降とする。ただし、部活動等で許可を受けた場合は7:00から登校を認める。早朝活動の詳細は部活動規定で定める。

3.最終下校時刻は16:50とする。ただし、講習・部活動等の延長活動は届け出によって許可するものとする。延長活動の詳細は部活動規定で定める。

4.休日における活動は、事前に学校長(生活指導部)の許可を得て行うこと。その際は必ず顧問の引率を必要とする。

○通学

1.通学の際には他者への思い遣りの気持ちを忘れず、交通法規を遵守すること。

2.自転車通学は保護者の承諾のもと、学校長(生活指導部)の許可を得ること。

3.自転車通学を許可された生徒は、指定のステッカーを自転車の定められた場所に貼付する。

4.駅から学校までの自転車利用も可とする。その際は駅等の駐輪場を利用し、そのルールに従ってきちんと駐輪すること。

5.バイク・自動車による登校は認めない

○校内生活

1.必要以上の金銭や貴重品を持ち込まない。貴重品の管理はロッカーに鍵をつけて保管するなど、各自が責任を持って行うこと。

2.ゲーム機等学習に不必要なものは持ち込まない

3.登校後の外出は認めない。どうしても外出の必要がある場合は担任の許可を得て、外出許可証を携行すること。

4.上履きと下履きの区別を明確につけること。

5.立ち入り禁止区域(屋上・非常階段等)へは、非常時以外には立ち入らないこと。

6.金品を紛失・拾得した場合、また盗難にあった場合は、速やかに担任または生活指導部に届け出ること。

7.校内の施設を利用する時は、担当責任者に申し出て許可を得ること。また、施設を破損した場合は、速やかに担任(顧問)または生活指導部に届け出ること。

8.校内で掲示・印刷物の配布・集会等を行う時は、事前に生活指導部の許可を得ること。

9.携帯電話などは校内では常にマナーモードにしておくとともに、授業中・集会などでは電源を切ること。また、SNSに関するトラブルを起こさないようにする。

○服装・みだしなみ

1.制服を着用し、異装による登校は認めない。やむを得ない理由で異装する場合は、生活指導部の許可を得ること。

2.頭髪の染色・脱色やパーマなどの髪型の意図的な加工は認めない。また、「特異」な髪型は理由の如何にかかわらず指導する

3.化粧は認めない

4.ピアス・イヤリング・ネックレスなどの装飾品は認めない

○アルバイト

1.アルバイトは禁止とする。

2.家庭の事情等でやむを得ず行う必要が生じた場合は、保護者の承諾のもと、学校長(担任・生活指導部)の許可を得て行うものとする。

服装規定

1.制服

①登下校時、および校内における学習活動の際には、必ず本校指定の制服を着用する

ベスト・セーターは男女とも学校指定色(黒・白・紺・グレー)で、Vネック、無地のものとする。

③冬服期間について登下校時には、ブレザー、ネクタイ(リボン)を着用する。

④夏服期間について・ブレザー、ネクタイ(リボン)を着用しなくてもよい。ブレザーを着た場合はネクタイ(リボン)を着用する。

制服の加工は認めない

スカート・キュロットの丈は、膝にかかる長さとする。

⑦公式な行事や全校が集まる集会には「正装」(男女ともブレザー・ネクタイを着用)を基本とする。

2.シャツ・ソックス

ワイシャツは白色・無地のものを着用する

ソックスは無地のものを着用する。色が極端に華美なものは認めない。

ルーズソックスや膝が隠れるようなソックス、レッグウォーマーなどの着用は認めない

ストッキング・タイツの色はベージュ・黒を可とする

3.セーター・ベスト

①年間を通して、ベスト・セーターを着用する場合は男女とも、学校指定色(黒・白・紺・グレー)のものを着用する

②校内でのセーター・ベストでの活動を認める。

③夏服期間においては、男女とも学校指定色(黒・白・紺・グレー)のベスト・セーターでの登下校を可とする。

4.その他

①冬季は登下校時に、ブレザーの上に防寒用の衣服の着用を認める。ブレザーより大きいものを基準とし、色が極端に華美なものは認めない。

※部活着は不可とする。

☆着用を認めるコート類

Pコート、ダッフルコート、ダウンジャケット。ただし、この3種類であっても極端に華美なものと判断される場合は不可とする。

スカートの下にジャージ等を着用することや、ブレザーの腕まくり、緩んだネクタイ、リボンタイの着用等は認めない

肌着はワイシャツの襟からはみ出さないこと。

校則データ取得年月日:2023/01/31