Logo

東京都立神代高等学校(全日制)

生徒心得

学業に励み、本校生徒の本分を守ること。学校内外の活動はその性質に応じ、学級担任又は関係職員と連絡をとり、その適切な指導のもとに行動すること。

1.授業には真面目な態度でのぞみ、定期考査には全力をつくすこと。なお、考査における不正行為は許されない。

2.登校・下校時刻を守り、無届けの欠席・早退・遅刻・外出・欠課をしないこと。

3.休日登校は原則として禁止する。

4.飲酒・喫煙は厳禁とする。

5.風俗営業に関わる種類の不健全な遊技場等に出入りしないこと。

6.学校内外で集会を行う場合は、関係職員の許可を得ること。

7.無届けで集団を組織することを禁ずる。

8.金銭・物品を徴収する場合は関係職員の許可を得ること。

9.学校生活に不必要な物品、特に金銭・貴重品を持参しないこと。やむを得ず持参した金銭・貴重品は厳重に保管し、必ず身につけて行動すること。

10.校舎・校具を大切にし破損又は紛失しないこと。破損紛失した場合は、直ちに関係職員に届け出ること。

11.校舎内外の美化につとめ、清掃は所定の計画に従って行うこと。

12.アルバイトは原則として禁止する。

13.本校生徒としてふさわしくない行為があった場合、自宅謹慎等の特別指導を行うこともある。

東京都立神代高等学校 全日制課程 生活指導内規

第1条

この内規は、学校教育法、同施行規則および東京都立学校の管理規定に関する規則に基づいて、教育上必要と認めたとき、本校生徒に行う懲戒処分および特別指導について定めたものである。

第2条の1

この規定に定める懲戒処分とは、退学、停学、訓告、訓戒その他とし、性行不良で改まる見込みがないと認められた者、学校の秩序を乱した者等に対して行う。

第2条の2

この内規に定める特別指導とは、謹慎、訓戒、説諭その他とし、生徒の教育を受ける権利を保障し、教育的配慮をもって、保護者との連携の下で、生徒の判断力や社会性を育てる目的で行う。対象は、暴力・暴言、窃盗、器物破損等の反社会的行為、飲酒、喫煙、自動車・バイク登校、定期考査不正行為・業務妨害等の学校の秩序と安全を乱す行為、いじめ、名誉棄損、誹謗中傷、肖像権の侵害など他者の人権を侵害する行為等とする。

第3条

懲戒処分を行う必要があると考えられる場合、校長は東京都教育委員会と事前に協議した上で、判断するものとする。

第4条の1

特別指導の内容は、行為の影響、生徒の状況、周囲との関係、過去の事例等を踏まえ、校長が決定する。

第4条の2

謹慎は学校での登校謹慎を原則とし、必要に応じて家庭謹慎も可とする。また、謹慎期間中は出席扱いとする。

校則データ取得年月日:2023/01/31