Logo

化粧禁止

東京都立八丈高等学校(全日制)
化粧、パーマ、染色、脱色等しない。染髪が発覚した場合は、元の色に戻す。 11.指輪・ネックレス・イヤリング・ピアス等の装飾品は着用しない。 12.登下校の途中における歩きながらの飲食・スマートフォン操作は慎む。 13.満18歳(有権者)になれば、選挙運動が可能になるので、学校のルールや公職選挙法等の法律を守ること。 14.遅刻・欠席をする場合には、原則として保護者から電話等で学校に連絡すること。 15.体調不良等で早退する場合は養護教諭、担任、教科担当に相談の上、安全に配慮して下校すること。 ## 所持品規定 学校生活に必要のないものは持参しない。 届け出る事項次の場合は、所定の方法により、担当又は顧問に届け出ること。 1.学校の建物、施設、物品を使用するとき。 2.学生割引証、証明書類を必要とするとき。(担任の認印を受けた交付申請書を、原則1週間前までに経営企画室に提出する) 3.本人、保護者に住所・電話番号等の変更があったとき。 4.病気・負傷等で長期に渡り特別な措置が必要な場合は医師の診断書が必要な場合がある。 5.自転車で通学するとき 6.印刷物の発行、配布、ポスター類の掲示、陳列、募金等を行う場合。 7.アルバイトを行うとき ## 自転車通学に関する規定 1.自転車通学届について (1)自転車通学を希望する生徒は、自転車保険の加入とヘルメットを用意した上で、所定の自転車通学届に必要事項を記入して担任に提出する。 (2)通学届の期限は、卒業までとする。 2.自転車通学許可書について 下記の約束事項を遵守することを条件に自転車通学を認める。 3.約束事項について (1)道路交通法を遵守すること。 ①常に自転車を整備すること。(ブレーキ・ライト・ベル・後部反射鏡・鍵の整備) ②ヘルメットを着用すること。 ③二人乗り、夜間の無灯火運転、片手運転(合図の時以外)、ヘッドホン等で音楽を聴きながらの運転、スマートフォン等を利用しながらの運転、傘をさしての運転は禁止する。 ④一般道路は左側を一列で車間距離を十分にとって通行すること。 ⑤狭い道路で車と出会う場合は、必ず降りて待つこと。交差点や狭い道路へ出る時は、一時停止して安全を確かめること。 ⑥安全運転を心掛け、自己と他者のために各自注意すること。 (2)学校の規則を遵守すること。 ①自転車通学許可ステッカーを定められた位置(後輪泥よけの下方部)に正しく貼ること。 ②登校後は所定の場所に整然と置くこと。(所定の場所に置いていない場合は違反とする) ③休日に部活動等で投稿する場合や何らかの理由で再登校する場合も必ず約束事項を守ること。 ④無届の自転車で通学しないこと。登録した自転車を変更する場合は、すみやかに変更手続きを行うこと。 ⑤異装が必要な場合や異装による自転車通学申請も併せて行うこと。 4.約束違反について 違反行為があった場合、再三の指導にもかかわらず交通ルールの遵守がみられない生徒については、自転車通学を取り消す場合があります。 5.ステッカー破棄について (1)卒業または転校する者は、ステッカーを必ずはがすこと。 (2)自転車通学をやめた者は、担任に報告してからステッカーを必ずはがすこと。 6.ヘルメット着用について 自転車運転時は、安全の為にヘルメットを着用しなければならない。 7.保険の加入について 自転車通学は必ず任意の自転車損害賠償保険に加入すること。 ※加入していない場合は自転車通学不可 ## 原動機付自転車・自動車に関する規定 1.原動機対自転車・バイク・自動車で学校に来ることはいかなる場合でも禁止する。 ## 懲戒・特別指導など 次のような行為を行った場合、あるいは行おうとした場合は、インターネット上での行為も含めて特別指導の対象となる。 1.原動機付自転車・バイク・自動車での通学及び交通違反(二人乗り・無免許運転・ノーヘル等)が発覚した場合。 2.試験中の不正行為。 3.酒類・喫煙具などの所持及び飲酒・喫煙行為(同席含む)。 4.覚せい剤などの薬物所持及び不正使用(同席含む)。 5.公共物の破損行為。 6.性的問題行為。 7.未成年者が出入りしてはならない場所(バー、スナックなど)への出入り。 8.授業妨害。 9.窃盗行為。 10.暴言・暴力・いじめ・恐喝行為。 11.携帯電話やネットによる誹謗中傷行為。 12.深夜徘徊。 13.その他、学校運営に支障をきたすような行為。